普段の生活の中で住宅やビル等を日常的に利用していますが、そんな中で建物の破損、特に窓の破損が生じますと困る事が起こります。雨漏りの心配や思うように換気が出来ない、泥棒等の不審者に侵入される等の事が起こり恐れが有りますので窓が壊れた時には早急に修理する必要が有ります。 窓の破損の種類は色々有りますが、一番多いのは窓ガラスが割れる事と言えます。この場合の修理はガラスを取り扱っている会社や店舗に依頼します。他の破損として有り得るのは網戸の破れや窓枠その物の劣化や破損、障子の変形、窓と壁との取り合う部分の劣化や破損が有ります。これらの修理を行う際には破損状況に応じて修理の依頼先は異なりますのでいち早く修理するには手配先を間違えないようにしたいものです。

修理を依頼する時には、どの部分が破損しているのかを把握し、どの様に修理する必要が有るのかを考えて依頼先を決めなければなりません。 ガラスの破損である場合はガラスを取り扱う業者なのですが交換するガラスの種類を把握する必要が有ります。ガラスの種類によっては強度や性能が異なりますし、金額・納期も異なります。これらを考慮し依頼しなければなりません。 障子の変形や窓枠その物の破損の場合の修理は建具業者に依頼する事となります。そして窓枠その物の場合は修理の際に壁などの他の部位にも影響が有る場合も有りますので、その場合は壁の補修を取り扱っている業者の手配も行わなければなりません。 現在では修理の他にも現在の窓を残したままで、その上に新たにカバーする状態で窓を取り付けるカバー工法と言う工法も開発されていますので状況によってはカバー工法を利用しても良いと言えます。