最近は、ブラインドを設置する人が増えました。ブラインドはホコリがたまりやすく、マメに掃除しなければいけません。しかし、採光のコントロールがしやすいので人気が高いです。また、スラットの角度を調節することで、部屋に光を取り入れつつもプライバシーは確保できます。さらに、部屋のインテリアの役割も持っています。 ブラインドには色々なメリットがありますが、故障しやすいものも多いです。一番多いのは紐が切れることです。しかし、これは自分で修理することも不可能ではありません。とは言え、ライターで溶接すると言う作業が入ってくるので、自分で修理するのは難しいと思う人もいるでしょう。そんな場合は、業者に修理してもらうことです。

ブラインドを長く使用するためには、日頃からしっかりメンテナンスをすることです。メンテナンスを怠ると、ブラインドの寿命は短くなってしまいます。 しかし、メンテナンスをしているときに、スラットを折ってしまうことは結構多いです。スラットの修理は、DIYでもできないことはないですが、プロに任せた方がいいでしょう。慣れない人が修理すると、スラットで手を切ってしまうことがよくあります。とくにアルミ製のブラインドは、スラットが想像以上に鋭利です。 業者に持ち込むとお金がかかるから自分で修理すると言う人は、手袋をはめて作業するようにしましょう。手袋をすると作業しにくいと感じるかもしれませんが、ケガをする心配が無くなります。