注目の記事

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

医療器具

人間の組織は、遺伝子によって常に変化と再生を繰り返して構成されています。
その遺伝子の働きがおかしくなった時に、悪性腫瘍と呼ばれる存在が細胞に生まれます。
悪性腫瘍は、人間の体の中でも特に成長が早く、みるみるうちに増殖していきます。悪性腫瘍のことはまたの名をがんと呼びますが、これががんの成長が早い理由です。
そして、悪性腫瘍として成長を続けるがん細胞が胸元に発生することで、乳がんとしての対処を必要とするようになります。
女性に発生する乳がんの処置としては、乳房を除去することによって問題を解決することが多いです。
つまり、女性としてのシンボルを失う形による治療が行われます。
どのような癌であっても、基本的には切除をする他の道は考えられることがありません。
症状の進行を緩やかにする目的などによって投薬治療が行われることがありますが、それは根治に向かう道ではありません。根治のためには、切除しかありません。
だからこそ、乳がんにおいては乳房を切り取るしか対処する方法が残りません。女性にとっての精神的苦痛は大きく、術後の生活もかなり変わるでしょう。
そこで検討したいのが、再建をするという道です。
女性にとって大切な乳房は、再建をすることが可能です。乳がんに対する手術においては、再建の道を考えることもひとつの選択肢であるといえます。

■女性らしく生きる方法
女性にとって、自身の性徴でもある乳房の膨らみは非常に重要です。しかしながら、がん細胞がそこに発生しているのであれば、除去するしかありません。
放置していれば最終的に全身の細胞へ転移するのががん細胞です。そして、それを防ぐためにはがん細胞自体を除去するしかありません。
程度によるとはいえ、女性にとって乳がんとは、乳房を失ったり傷つけたりすることによって、女性らしさを失う病気でもあります。
そこで、再建の道を検討することは女性らしく生きる方法でもあります。2014年1月には、健康保険適用とされるように制度自体が変わりました。
ですから、現在では乳がんの治療において乳房を再建することがかなり一般的になっているといえます。
すでに乳房を摘出してしまっていたとしても、再建の道はあります。
女性らしく生きる方法として、上手に活用することができるとよいでしょう。

オススメリンク

除去済みの部位を修復

乳がんの再建手術は、2014年の1月に保険診療の対象となるまでは、高額な自由診療の範囲でした。
技術としては存在していましたが、それを利用するにはすべての費用を自分で負担せねばならず、かなりの女性が再建を受けることは諦めるしか…Read more

関連リンク